聖書箇所 イザヤ書38:1〜39:8

38

1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。そこへ、アモツの子、預言者イザヤが来て、彼に言った。「主はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。』」

2 そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、

3 言った。「ああ、主よ。どうか思い出してください。私が、まことを尽くし、全き心をもって、あなたの御前に歩み、あなたがよいと見られることを行ってきたことを。」こうして、ヒゼキヤは大声で泣いた。

4 そのとき、イザヤに次のような主のことばがあった。

5 「行って、ヒゼキヤに告げよ。
 あなたの父ダビデの神、主は、こう仰せられます。『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたの寿命にもう十五年を加えよう。

6 わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、この町を守る。』

7 これがあなたへの主からのしるしです。主は約束されたこのことを成就されます。

8 見よ。わたしは、アハズの日時計におりた時計の影を、十度あとに戻す。」すると、日時計におりた日が十度戻った。

9 ユダの王ヒゼキヤが、病気になって、その病気から回復したときにしるしたもの。

10 私は言った。
 私は生涯の半ばで、よみの門に入る。
 私は、私の残りの年を失ってしまった。

11 私は言った。
 私は主を見ない。生ける者の地で主を見ない。
 死人の国の住人とともに、
 再び人を見ることがない。

12 私の住みかは牧者の天幕のように引き抜かれ、
 私から取り去られた。
 私は、私のいのちを機織りのように巻いた。
 主は私を、機から断ち切る。
 あなたは昼も夜も、
 私を全く捨てておかれます。

13 私は朝まで叫びました。
 主は、雄獅子のように
 私のすべての骨を砕かれます。
 あなたは昼も夜も、
 私を全く捨てておかれます。

14 つばめや、つるのように、私は泣き、
 鳩のように、うめきました。
 私の目は、上を仰いで衰えました。
 主よ。私はしいたげられています。
 私の保証人となってください。

15 何を私は語れましょう。
 主が私に語り、
 主みずから行われたのに。
 私は私のすべての年月、
 私のたましいの苦しみのために、
 静かに歩みます。

16 主よ。これらによって、人は生きるのです。
 私の息のいのちも、
 すべてこれらに従っています。
 どうか、私を健やかにし、
 私を生かしてください。

17 ああ、私の苦しんだ苦しみは
 平安のためでした。
 あなたは、滅びの穴から、
 私のたましいを引き戻されました。
 あなたは私のすべての罪を、
 あなたのうしろに投げやられました。

18 よみはあなたをほめたたえず、
 死はあなたを賛美せず、
 穴に下る者たちは、
 あなたのまことを待ち望みません。

19 生きている者、ただ生きている者だけが
 今日の私のように、
 あなたをほめたたえるのです。
 父は子らにあなたのまことについて知らせます。

20 主は、私を救ってくださる。
 私たちの生きている日々の間、
 主の宮で琴をかなでよう。

21 イザヤは言った。「ひとかたまりの干しいちじくを持って来させ、腫物の上に塗りつけなさい。そうすれば直ります。」

22 ヒゼキヤは言った。「私が主の宮に上れるそのしるしは何ですか。」

39

1 そのころ、バルアダンの子、バビロンの王メロダク・バルアダンは、使者を遣わし、手紙と贈り物をヒゼキヤに届けた。彼が病気だったが、元気になった、ということを聞いたからである。

2 ヒゼキヤはそれらを喜び、宝庫、銀、金、香料、高価な油、いっさいの武器庫、彼の宝物倉にあるすべての物を彼らに見せた。ヒゼキヤがその家の中、および国中で、彼らに見せなかった物は一つもなかった。

3 そこで預言者イザヤが、ヒゼキヤ王のところに来て、彼に尋ねた。「あの人々は何を言いましたか。どこから来たのですか。」ヒゼキヤは答えた。「遠い国、バビロンから、私のところに来たのです。」

4 イザヤはまた言った。「彼らは、あなたの家で何を見たのですか。」ヒゼキヤは答えた。「私の家の中のすべての物を見ました。私の宝物倉の中で彼らに見せなかった物は一つもありません。」

5 すると、イザヤはヒゼキヤに言った。「万軍の主のことばを聞きなさい。

6 見よ。あなたの家にある物、あなたの先祖たちが今日まで、たくわえてきた物がすべて、バビロンへ運び去られる日が来ている。何一つ残されまい、と主は仰せられます。

7 また、あなたの生む、あなた自身の息子たちのうち、捕らえられてバビロンの王の宮殿で宦官となる者があろう。」

8 ヒゼキヤはイザヤに言った。「あなたが告げてくれた主のことばはありがたい。」彼は、自分が生きている間は、平和で安全だろう、と思ったからである。